HOME>Review>agaで傷ついた出来事を厳選ピックアップ☆

agaで傷ついた出来事を厳選ピックアップ☆

男性

agaの症状が起きているのに放っておくと、傷つくことばかりです。実際にagaを放って、どういう辛い体験をしたことがあるのか聞いてみたので、興味がある人は是非見ておきましょう!

この話題の口コミ

髪の毛が薄くなりすぎて我が子に「このおじいちゃん、誰?」と言われた。

埼玉県で家族で一戸建てに暮らしています。まだ30代だというのに、agaで髪の毛がだんだんと薄くなってしまいました。このまま進行するとまずいという気持ちはあったのですが、なかなか行動することができませんでした。いろいろな治療法がありますが、どれを信じたら良いのかわからないというのが正直なところです。さて、どんどんと髪の毛が薄くなってきたときのことでした。自分にもまだ小さいですが子供がいます。その実の子供に髪の毛が薄くなりすぎてしまった自分のことを、このおじいちゃんはいったい誰と言われてしまったのです。子供は正直というのは昔からよく言う話ですが、まさか自分の子供にまでこんなことを言われるとは考えてもいなかったので、かなりショックを受けましたね。
(30代/男性/会社員)

女性の従業員に河童というあだ名をつけられた。

自営業で飲食店を経営しています。普段はかなり多くのお客さんが来てくれるので、お店そのものは結構繁盛しています。しかし、自分にはそんな繁盛とは別につらいことがありました。お店はそれなりにお客さんが入ってくれるので、アルバイトスタッフも人数が揃っています。みんな楽しく仕事をしているのですが、女性の従業員の人の間で、いつの間には経営者である自分に河童というあだ名がつけられていたのです。今までとても和やかに仕事をしていたので、こんなあだ名かつけられていたことを知って、非常にショックを受けました。こんなヘアスタイルだから仕方ないのかもしれませんが、これでは辛くなるので何とかaga治療を地元の埼玉で行わないといけないと強く感じました。
(40代/男性/自営業)