女性

痛風の予防にはコレだ|不調の原因を知って健康になろう

含まれている有効成分

生薬

40歳を過ぎるとエストロゲンの分泌が急激に減ります。このエストロゲンは女性ホルモンの一種ですが、これが減ると精神面や肉体面に影響を及ぼします。代表的な症状は不安とイライラ感、倦怠感等でしょうか。肩こりや頭痛、めまい、吐き気も更年期特有の症状になります。これらは現在販売されている健康食品で改善させることができます。最も人気があるものは漢方薬が含まれているため継続的に服用すれば自然と更年期障害特有の症状も消えていくでしょう。

更年期に出てくる不調の原因は血の巡りが悪くなったことです。これを瘀血と言いますがこの状態になると冷え性になったり季節関係なく体が火照り、肌荒れを引き起こすことがあります。また精神的不安も出てくるためひどくなると鬱状態になることがあります。症状を少しでも緩和させるためには更年期のために作られた健康食品を摂ることです。この中には芍薬や当帰といった漢方薬が含まれており、不足しがちな血液を生成することができます。貧血が大分緩和されるので体の不調を吹っ飛ばすことができるでしょう。気分の落ち込みが見られる鬱状態は、桂皮や香附子がお勧めです。気の関係で発生する耳鳴りやめまいは二つの漢方で抑制させることができます。さらに不安定な気持ちを落ち着かせるカノコソウが入っているとずっと落ち込んでいた気持ちが晴れやかになります。更年期の症状を和らげる健康食品には、様々な役割をする漢方が他にも配合されていますので、成分表を見ながら漢方入りの商品を選定しましょう。